HOME>トピックス>自社や商品のアピールだけでなく共感してもらうのも大切

予算は使いすぎない

チラシ

ダイレクトメールを初めて作る人は方法が分からないかもしれません。いくつかの点を意識すれば効果的に作成が可能となります。ダイレクトメールで大切なのは予算です。1回作成してお客様に送っただけで心をつかむのは難しいものです。反応率が不明な時は1回で予算を使いすぎないようにしましょう。まずは狭い範囲に送ることで反応を確認してみましょう。反応が良ければ他方に試してみます。もしコストを節約したいなら発送代行業者への依頼するのもおすすめです。

何のために作成するか目的を明確にする

チラシ

ダイレクトメールの重要な点は何のために作成するかです。漠然と売上を上げるためではいけません。送った相手がどう反応してほしいか具体化することが大切です。 商品を買ってほしいのか、来店してほしいのかなどを考えましょう。

目的を明確にしたらダイレクトメールを送るターゲットを決めましょう。性別や年代だけでなく、何か困っている人など具体的にターゲットを絞っていきます。 大切なのは自社の商品やサービスでお客様の悩みや希望を解決できるかどうかです。そして、自社の売りも必ず把握しましょう。特に競合店がひしめくジャンルではお客様に決め手になる点が必要です。

ダイレクトメールは自社や商品のアピールだけではいけません。お客様が知りたいことにどれだけ応えられるかが大切です。他の利用者の体験談を書くと共感を得られやすくなるでしょう。価格や品質を売りにしている場合はその理由やデータを載せればお客様が納得しやすいです。興味を引かせるためにもキャッチコピーも考えましょう。お客様の目を引けば反応率もより向上します。

広告募集中