看板デザインにかかる費用

看板デザインにかかる費用はデザインにかかる時間や技術によって異なり、シンプルなものは5000円ほど、オリジナリティのあるものは2万円ほどが相場です。

看板を出すことのメリットとは

no.1

認知されやすく宣伝効果が高い

屋外の看板は歩行者やドライバーからの視認性が高く、認知されやすく宣伝効果が高いのがメリットです。

no.2

長く設置するほど宣伝効果が高まる

看板を長く設置するほど、繰り返し人の目に触れる機会も多くなるため宣伝効果も高くなります。

no.3

設置場所によってターゲットを絞れる

不特定の人にアピールするのはもちろんのこと、看板の置き場所によってターゲットを絞った宣伝活動が行えます。

no.4

料金が比較的リーズナブル

テレビのコマーシャルのような宣伝方法よりも料金がリーズナブルで、経済的な負担が少なく宣伝できます。

no.5

視覚的に印象に残る宣伝ができる

デザインやロゴ、キャッチコピーなどにこだわることで、視覚的に印象に残る効果の高い宣伝が行えます。

お店の看板

街を歩く人、車の運転をしている人など多くの人たちは、看板と言う存在を意識していないにも関わらず、自然に目を送っていることが多いと思われます。この目的は何気なく見ると言うことを意識させることが効果の表れで、多くの人への浸透を図ることが出来ることを目指しているものになります。そんな看板にはいろいろな種類がありますが、人々が目に付く代表格にパラペットタイプがあります。店舗の入り口上部に掲げることで、お客様を誘導し店舗へ入りやすくする役目を担っています。同様にあるのが壁面タイプで遠くからでも見通せる高い場所に設置されるもので、夜には夜間照明などの利用で目に付く工夫もされる場合も出て来ています。また店舗前に置くことで効果を期待するものが、スタンド看板と呼ばれるものです。日々内容を書き込むことが出来るA型看板や電飾を利用看板などがあります。多くの種類が存在するのですがそれぞれデザイン自由であり、目的的に従って作られることになっています。

宣伝広告に利用出来るのが看板広告ですが、タイプや大きさによって費用も大きく違って来ます。かかる費用として基本的な考えにあるのは、原稿作成であり、制作費用、取り付けです。更に材質を選ぶ過程があり、良い材質とか強化された材質を選ぶことで費用は増すことになります。そのため自社や自店で看板広告を考えた時には、複数の看板店に見積もりを依頼することが大切です。見積もりをもらう会社を探す方法には、ネット検索からホームページを確認することが早い方法となります。情報を良く確認してから数社を選びだし、見積もりをもらうようにしましょう。また別な探し方として、街で見かける看板デザインなどを見て同じようなものが良いと考えた時には、作成先を調べて仕事を依頼する方法も考えられます。宣伝広告に最大の効果を期待するのですから、費用の出し惜しみは避けたいものです。

広告募集中